じぇねりっく忍者

心に忍んでいるものを綴ります

邦楽バンドで1番のおすすめ! the band apart!

スポンサーリンク

f:id:generic_ninja:20161124005521j:plain

2016年11月24日投稿 / 2016年12月3日更新

みなさんは、普段どんな音楽を聴いていますか?

僕は、the band apartというバンドが大好きで、もう10年くらい聴きつづけています!

通勤、ランニング、家でくつろぐときなど、様々な場面で聴いていて、もはや彼らの音楽が生活の一部なっています

でも、周りに聴いている人が全然いなくて、バンアパについて語りあえる仲間がいません…!

そういうわけで!バンアパについて、いろいろと紹介させてください!!

the band apartとは

1998年結成、4人編成のロックバンド。通称・バンアパ。

ボーカルの荒井さん以外は、中学校の同級生です。

メロコア、ファンク、フュージョン、ボサノヴァなど、多ジャンルにわたる要素を感じさせるサウンドが特徴です。

1stアルバムリリース後は、agian gothic labelを設立し、独立してCDを出したり、ライブをしたりしています。

僕は、バンアパの美麗なギターアンサンブルが大好きで、最近は耳コピして楽しんでいます!

コピーすると、複雑なコードや進行をたくさん使っていて、彼らがいかにテクニカルなことをしているか、よくわかります。

そんなところも、惚れこんだ1つのポイントです!

 

メンバー紹介

f:id:generic_ninja:20161124010757j:plain

バンアパのメンバーをそれぞれ紹介します。全員同い年で、とても仲がいいようです。

そして、みんなキャラが濃い(笑)

荒井 岳史(あらい たけし)

ボーカル&ギター。185cmという高身長で、学生時代はラガーマンでした。

優しく、甘い声質をしていて、攻撃的だったり突飛な歌詞であっても、さっぱりと聴けるところが好きです!

そしてギターは、かなり難解なテクニックのものまで弾きこなします。あんなのを弾きながら歌っているなんて、びっくりですわ!

ライブでは、MCもしていて、とても爽やかな印象。

ジョン・メイヤーが大好きらしく、□□□(クチロロ)とのコラボ曲では「板橋のジョン・メイヤー」というタイトルの曲を歌っていました。

ソロ活動もしていて、CDを出したり、弾き語りライブをしたりしています。

 

荒井さんソロは、バンアパと雰囲気は違いますが、こちらも好きです!


【MV】荒井岳史/シャッフルデイズ(Full ver.)

 

川崎 亘一(かわさき こういち)

リードギター。ギターはモズライトを使用。現在は、asian gothic labelの社長も兼任しています。

本人が、メタル好きということもあり、速弾きやテクニカルなフレーズを多用するのが特徴です。

そして、ライブでのパフォーマンスは圧巻。ヘドバンしながらアルペジオや、ハーモニクスのフレーズまで弾きたおし、かなりアグレッシブに動きます!

スタッフが命名した「ゴブリンスイング」という動きも含め、川崎さんのパフォーマンスはライブの見どころの1つになっていると思います。かっけーんだこれが!!

スニーカーや、アメコミフィギュアのマニアで、部屋にものすごい数を飾っているようです。

□□□(クチロロ)とのコラボCDには「スニーカー」という曲が、まさかの川崎さん弾き語りで収録されていました。

ツアー中、いい宿泊先に当たると、テンションが上って、部屋にかけてあるジャケットに喧嘩を売ったり、「おい、いるのわかってんだぞ」とそこにはいない誰かに話しかけたりするそうです(笑)

 

原 昌和(はら まさかず)

ベース。コーラスも担当しています。

ゴリッとしたサウンドで、リズムやオブリを弾きこなします。原さんの弾くフレーズがとても好きです。

□□□(クチロロ)とのコラボ曲で、メインボーカルとして歌声を披露していましたが、かなりの美声でした。


【MV】□□□ feat. the band apart / 神話具現 feat. 原昌和

かなりキャラが濃く、ぶっ飛んだエピソードが多数存在します。

 

▼中学時代

普段着として空手着+キックミットを身に着けていた
毎日ハードヘアジェルを丸々1本つかって整髪していた
お気に入りのカバンにインスタントコーヒーと電気ポットをつめて持ち歩いていた

▼他にも

ライブの遠征先で羽化したてのセミを食う
浮気相手とまちがえて自分を殺しに来た人と友だちになる

などなど、伝説級のエピソードがつきません(笑)

そんな原さんが大好きです。

そして、その豪快さとは裏腹に、かなり繊細で美メロな曲を作ります。原さんが作った「クレメンタイン」は、大好きな曲です!初めて聴いた時は、マジで震え狂った!

心霊スポットや廃墟をめぐったり、怖い話を聞くのが好きだそうで、本人も時々、怖い話ライブをやっています。僕も参加してみましたが、めちゃくちゃおもしろかったです。

www.generic-ninja.com

 

木暮 栄一(こぐれ えいいち)

ドラム。CDジャケットやTシャツのデザインも担当しています。リーダー的な役割もしているようです。

さまざまなリズムをこなし、複雑なギターやベースのアンサンブルをまとめあげます

かつてはラッパーになりたかったらしく、イベントなどにも参加していたそうです。

□□□(クチロロ)とのコラボ曲では、いとうせいこうさんとのラップリレーを披露していました。

高校生のころ、カナダに住んでいた時期もあり、英語が得意で、多くの英詞曲の作詞を担当しています!

最近は、クラブなどのイベントに参加してDJをしたり、ドラムの個別レッスンもしているようです。

 

おすすめCD

初めて聴く方におすすめのCDを紹介します!

the Surface ep

f:id:generic_ninja:20161124010959j:plain

1.Tears of joy
2.free fall
3.Flower Tone
4.C.A.H.
5.Mercury Lamp


2010年3月17日発売のミニアルバム。

複雑なことをやっていますが、キャッチーな曲が多く、とても濃密な作品になっています!

とりあえずこのCDを聴いておけば、バンアパってこういうバンドなんだというのがわかると思います。

ポップなものからハードなものまでそろっており、どの曲も展開がおもしろく、飽きさせない1枚。

とくに2曲目のfree fallをおすすめしたいです!


the band apart "free fall" PV

alfred and cavity

f:id:generic_ninja:20161124011205j:plain

1.72
2.Still awake
3.SOMETIMES
4.the same old song
5.headlight is destroyed
6.Circles and Lines
7.led
8.Stanley
9.stereo
10.beautiful vanity
11.Can't remember
12.KATANA


2006年10月4日発売の3rdフルアルバム。

僕が初めて買ったバンアパのCDです。この一枚でバンアパの世界にひきこまれました!

全体的にギターの主張が強いアルバム。だが、それがいい。

とくに本作は、どのジャンルに属するか考えても難しく、もはや「ジャンル=バンアパ」と言わざるをえない作品になっています。

ライブで聴くbeautiful vanityが最高で、展開や疾走感に思わず体が動きます!

余談ですが、製作時、レコーディング本番になっても、曲が全然できておらず、どんな曲になるのかもわからないまま、とりあえずドラムから録音したそうです。

レコーディング中に、こんな名曲ばかりできるとか、ホントすごすぎ!

 

ライブを観よう!

f:id:generic_ninja:20161124011337j:plain

もし曲が好きになったら、ライブを観にいくことを強くおすすめします!

ライブこそ、彼らの真価を味わえる媒体だと思います!

ホント!観て!

 

こちら、ライブレポートです!

www.generic-ninja.com

ライブDVDなら、「Stanley on the 2nd floor」がおすすめです!

こちらは別のDVDですが、参考までに!


the band apart 「510×283」トレイラー

さいごに

バンアパについて、少しでも伝われば嬉しいです!!

知っている方は、もし僕と共感するところなどあれば、さらに嬉しいです!

これからもバンアパについて、書いていこうと思っています。ライブレポとか。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました! ドロン

 

関連記事

冬の怪談 晩秋の居候ツアー@高円寺にいってきた!

the band apart×□□□(クチロロ)「Smooth Like Antelopes TOUR」@新木場STUDIO COASTに行ってきた!