じぇねりっく忍者

心に忍んでいるものを綴ります

スマスマ最終回と椎名林檎

スポンサーリンク

逆輸入 ~港湾局~ (初回生産限定盤)

2016年12月19日、20年続いたTV番組「SMAP×SMAP」が最終回を迎えました。

(※26日が最終回ですね。勘違いしていました。申し訳ありません。)

僕は、SMAPのものすごいファンというわけではないのですが、心のどこかではやっぱり彼らのことが好きでした。

子どもの頃から、歌もよく聴いていたし、彼らの出ている番組もよく見ていました。

ずっと第一線で活躍しつづけ、多くの人に愛されてきたグループが解散するというのは、少し寂しい気持ちになります。

”青春の瞬き”を聴いての感想

今回、スマスマの最終回にて、SMAPと初共演した椎名林檎さん。

林檎さんは、SMAPに”真夏の脱獄者”と”華麗なる逆襲”の2曲を提供しており、解散を間近に控え、ようやくの共演となりました。

 

そして、披露された”青春の瞬き”はグッと来るものがありました。

子供みたいに疲れを忘れて寄り掛り合えば
僕らはたった独りでいるよりも有りの侭になる

時よ止まれ 何ひとつ変わってはならないのさ
今正に僕ら目指していた場所へ辿り着いたんだ

いつも何故か 気付いた時にはもう跡形も無い
伸ばす手の先で消え失せる物程欲しくなるんだ

歌詞のひとつひとつが、SMAPに向けて歌われているかのように感じました。

メロディとあいまって、切なさや寂しさ、そして「SMAP」が解散してしまうという実感が、ジワジワとこみ上げてきました。

SMAP解散には驚いたものの、以前はそれほど寂しさなどを感じていなかった僕にとって、これは驚きの発見です。

ただ、実感がなかったんだなあ、と。


椎名林檎 - 青春の瞬き

椎名林檎さんのファンである僕としては、なんだか東京事変の解散の時を思い出してしまいます。

 

さいごに

多くの人たちに愛されたSMAP。

やっぱりすごく影響力のあるグループなんだと、今さらながらに実感しました。

解散まで残りわずかですが、彼らの活躍を、”青春の瞬き”を、最後まで見届けたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

青春の瞬き

青春の瞬き

  • 椎名林檎
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

関連記事

有無を云わさず椎名林檎・東京事変について語り、おすすめCD・曲まで紹介する

椎名林檎 好きな曲10選をランキング形式で!

紅白歌合戦2016 最高のパフォーマンスでの椎名林檎さん納めでした! よいお年を