じぇねりっく忍者

じぇねりっく忍者

心に忍んでいるものを綴ります

僕をとりまく怪奇現象!帰りたい!三角怖い!

スポンサーリンク

昔から僕をとりまく数々の怪奇現象。

なぜ起こるのか。どう対処すればいいのか。

僕には、まったくわかりません。

f:id:generic_ninja:20161211131611p:plain

その現象たちのレポートを紹介します。

 

帰りたい現象

常に帰りたい衝動に駆られる現象。

「帰りたい」と心で呟いたり、気づけば口に出している。

勤務先のPCで「帰りたい」とGoogle検索に打ち込んでいることも。

Google神なら、なんとかしてくれるとでも思っているのだろうか…。

酷い時は、まだ家にいるのに「帰りたい」と言っているもよう。

家の鍵現象

ことあるごとに、家の鍵を取り出してしまう現象。

駅の改札通過時や、勤務先の入室時など、様々な場面で鍵を取り出す。

いったい何を開けようというのか。

帰りたい現象と何か関係があるのではと、研究者たちの間では話題になっている。

Suica(IC乗車カード)現象

家の鍵現象に類似した事象。

オフィスのICカード入退室システムに、Suicaを押しつけ「開かない…」などとうろたえる。

家の玄関でも、同様の事例が観測されたことがある。

心身不連動現象

心(脳)から出た司令とは異なる運動を、体が行ってしまう現象。

コンビニのゴミ箱に、誤って財布を捨ててしまうなど。

夜間にゴミ箱をあさる男がいたら、それはじぇにんかもしれない。

f:id:generic_ninja:20161211131328p:plain

ブログを書こうと思っていたはずなのに、気づけばゲームに手をつけていることも。

突発性恥ずかしがり現象

過去にしてしまった恥ずかしいことを、ふいに思い出し、わーーーーーっとなる現象。

若さゆえにしてしまった過ちを、恥じることが多い。

巷では、黒歴史とも呼ばれているようだ。

通勤電車内など、公衆の面前で思い出してしまった時の、消えてなくなりたさは異常。

ミュージシャンなりきり現象

通勤時など、聴いている音楽にのめり込むあまり、自分はミュージシャンなんだと錯覚してしまう現象。

口パクで歌詞を口ずさみながら道を歩けば、いつでもミュージックビデオの主役になれるなどと、本人は思い込んでいるようだ。

他にも、the band apartのギタリスト・川崎亘一になった妄想をして、駅のホームでステップを踏みそうになることも。

完全にやばいやつである。

金曜ロードショー現象

金曜ロードショーを寝転びながら見て、CM中にウトウトまどろみたくなる現象。

じぇにんは子どもの頃、よく金ローを見ながら、寝てしまっていた。

サンゲツのカーテンのCMが流れているな…と感じながらも、眠りに入っていくのが心地よかったようだ。

大人になった現在も、じぇにんはその感じを味わいたい様子。

だが、もう時は戻らない。

三角三角三角…現象

これは、じぇにんがシステムエンジニアをしていた頃、同僚に見られた現象。

同僚は、真顔でずっと大学ノートに「△△△…」と綴り続けていたようだ。

その光景を見たじぇにんは、震え上がり「辞めよう…」と心に決めたもよう。

じぇにん自身も、その案件では3ヶ月ほど週休0日で勤務していたこともあり、限界を感じたらしい。

f:id:generic_ninja:20161211130745j:plain

さいごに

いかがでしたでしょうか。

もしかしたら皆さんや、その周りでも観測されるものがあったかもしれません。

他にも、靴下が片方しか見つからない現象、オフィスのドア静電気起きすぎ現象など、多くの事例がありますが、それはまた別の機会に。

あーーーー帰りたい。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました! ドロン