じぇねりっく忍者

心に忍んでいるものを綴ります

会社員時代の修羅場から学んだこと

スポンサーリンク

どうもどうも。じぇにんです。

 

僕は、今でこそバイトしながら芝居みたいなことをしていますが、数年前は正社員として働いていました。職種はシステムエンジニア。

入社してしばらくは、残業こそありましたが、福利厚生や給料もよく、それなりに幸せに暮らしていました。

 

しかし、入社2年目の11月、修羅場はやってきたのです。

 

 

修羅場の内容

僕が特にヤバかったなと感じた内容を書きます。

3ヶ月間休日なし

f:id:generic_ninja:20170222211421j:plain

とある案件に入ってから、3ヶ月間まったく休みがありませんでした。

 

  7:00 起床・出社準備

  8:40 出社

24:00 退勤

25:00 帰宅

26:00 就寝

 

毎日こんな感じ! 土日祝日も、もちろんなーし!

3ヶ月間、どこにも遊びにいけず、大好きなゲームもギターもできず、こんな生活を続けていました。しかも11月から3ヶ月なので、年末年始も仕事。

 

完璧社畜(パーフェクトウェージスレイブ)の出来上がり。

 

家に帰れるだけまだマシだな! とか本気で思ってましたもん。

精神状態が完全に狂ってる。周りの人たちも、なんだかおかしくなってた。

 

ノートにずっと「△△△△△△△△△△△△△…」とか書いてる人いたし。

f:id:generic_ninja:20170222195940j:plain

こんな感じ。怖すぎ。

 

僕も勤務中、ちょっとだけ休憩と思ってトイレの個室に入ったんですけど、自分でもそんなつもりないのに勝手に涙出てました。

エヴァの綾波みたいになってた。私泣いてるの? みたいな。

それと同時に(あぁ…こうやって人って壊れていくんだな…)って妙に冷静に分析してた記憶があります。

トイレから戻ると、あまりにヤバイ顔してたのか、上長が「今日はもう帰りな…」と言ってくれました。

 

あれは確か日曜日の19時半頃。

わあ! 今日は早く帰れる! 何しよっかな!?

みたいに、本気で喜んでる自分がいました。

今思うと、かなりいい感じにイッってますね。

 

誰にも頼れない

f:id:generic_ninja:20170222211340j:plain

先輩や上長に頼れない環境が、本当にキツかったです。

あるシステムの構築を、分担してそれぞれやってたんですが、みんな自分のことでいっぱいいっぱいで、とても何かを訊ける状態じゃありませんでした。。。

 

うちの部署が得意とする分野の案件じゃなかったので、そもそも誰も知識も経験もないっていう状態だったんですね。

そして、同期や年の近い先輩もおらず、ペーペーは僕だけ。

精神的オアシス皆無。上長相手に愚痴るわけにもいきませんしね。

 

もうホント完全に詰んでた。

潔く「参りました」って言いたいレベル。

 

孤軍奮闘とはこのことなんだな…って思いました。

四字熟語を体感するってなかなかない経験ですよね。

 

修羅場から学んだこと

とんでもない地獄を経験してみて、学んだこと。

休むのって大事

f:id:generic_ninja:20170222210812j:plain

当たり前のこと言うんじゃねえよって言われそうですが、これホント大事です。

ゆっくり寝たり、好きなことしたり、仲間と遊んだり。

これ生きていく上で、なくてはならないものなんだなと本気で実感しました。

 

これなしだとホント死んじゃいます。冗談抜きに。

 

もし、少しでも無理してる人がいたら、休んでほしいです。

仕事の責任とか色々難しいこともあるかと思いますが、心身を病んでしまったら何の意味もありませんからね。

どうにも休めなそうだったら、部署異動とかもありですし、思い切って辞めてしまうのだってアリだと思います。

命あっての物種です。

 

ちなみに僕は修羅場をきっかけに、この後1年だけ働いて退職しました。

元々挑戦してみたいこともあったので、ちょうどよかったというのもありますが。

辞めた後、世界がとても広がったような気がして、心も随分落ち着きました。

 

人に頼るのも大事

f:id:generic_ninja:20170222211316j:plain

先輩や上長に、空気読まずに頼ってみるのもアリだったなと、今は思います。

もしかしたら、それで何か開けて、無理せずに済んだかもしれません。

相手も、本当に無理だったらそのように言うだろうし、変な空気は読まずに訊いちゃった方がいいと思います。

なかなかピリピリした雰囲気の中、頼るのは難しいかもしれませんが…

 

もし職場に頼れる人がいないなら、友だちや家族など、誰か頼れる人に「今こういう状況で、ホント辛いのおおおお」みたいなことを話しましょう。

会う時間がなければ、電話やLINEでもいいと思います。

そういうのを外に出して、聞いてもらえるだけでも、全然違うと思います。

内に溜め込むと、本当に心身を壊しかねません。

 

一人で悩むのは、やめましょう!

 

僕の好きな漫画「3月のライオン」にも、こんな名言があります。

 

一人じゃどうにもならなくなったら誰かに頼れ

でないと実は 誰もお前に頼れないんだ

 

頼っていいんです! 頼りましょう!

 

 

さいごに

会社員をして学んだことはたくさんありました。

今回はその中から、自分が特に実感したことを書かせてもらいました。

 

すごく当たり前を書いただけかもしれませんが、何か伝わればなと思っています。

 

それでは、最後まで読んでいただき、ありがとうございましたー!

 

 

修羅場繋がりで。東京事変好きなんです。