じぇねりっく忍者

心に忍んでいるものを綴ります

バンアパ新譜「Memories to Go」試聴会+トーク&ミニライブ 感想

スポンサーリンク

どうも、じぇにんでございます。

僕が銀河一好きなバンド、the band apartのニューアルバム試聴会に行ってきました!

 

このイベントは、プライベートスタジオにて、本人たちの解説付きで2017年7月19日発売の「Memories to Go」を先行して聴けちゃうという、かなり贅沢なもの!

 

やばくないですか!?

 

正直スタジオ見られるだけでも嬉しかったのに、新譜は聴けるし、ミニライブはあるしで、もう大満足でした!

 

 

 

「Memories to Go」を聴いて

さっそくですが、新譜を聴いた感想を書いていきます!

記憶を頼りに書いているので、かなり曖昧な部分もあります。。。

 

アルバム曲は、収録順に1曲ずつ、すべて流してくれました。

1コーラス流したら、音量を下げてそのままBGMにしつつ解説が入る、という進行です。

 

アルバム全体の感想としては、80's&90'sのPOPをバンアパ流に昇華したという印象。

 

ここ最近に発売されたアルバムよりも「すごくバンアパしてるな」と感じましたし、今までの流れを経たからこその進化も強く感じました。

かなり完成度が高く、個人的にはかなり満足のいくアルバムになっていたと思います!

発売日が待ち遠しい…!

 

01. intro(a broken navigator)

アルバムのはじまりを飾るインストゥルメンタル。

英語など多言語が入り交じったものでした。

次曲へ入るまでのワクワク感を高めてくれるカッコよさと、盛り上がりがありました。

 

02. ZION TOWN

これぞthe band apart!!

という感じのバンアパ感満載の曲。今回のリードトラック候補のようです。

free fallのような王道バンアパ感。ゴルフ感あり!

 

作詞・曲は原さん。(原さんの元ネタをみんなでアレンジ?)

試聴会後にアコースティック編成で披露してくれたのですが、荒井さんパートのギターがすごく複雑で、そこからも原さんを感じることができました笑

サビメロのレンジが広く、聴いていて心地よかったです。

 

タイトルは、桃源郷という意味の言葉にしたかったそうですが、英語の「ユートピア」だと違和感があったため、何か他にないかと探したところ「ZION TOWN」に辿り着いたそうです。

ちなみに日本語詞。

 

※2017年6月19日追記

期間限定になるかと思いますが、楽天トラベルFM「旅と音楽 vol.121」の番組内にて、本曲を聴くことができます!

楽天トラベルFM 旅と音楽【楽天トラベル】

 

改めて聴いてみると、荒井さんパートのギターやサビの歌メロが、非常に原さんっぽいですね。

体をユラユラとしたくなるような、最高のゴルフ感。

 

03. Find a Way

先日開催された「新曲披露リハーサルライブ」で演奏されたうちの1曲。

タイトルがついていない頃は「マイコー」と呼ばれていた曲で、その名の通りマイケル・ジャクソンのビリー・ジーンを思わせるイントロからはじまります。

 

サビの「YOU&I!」のメロや、サビ終わりのキメがかなり気持ちいい。

サビ中にバックで鳴る川崎さんのギターも印象的。

英語詞。荒井さん曲?

 

04. Castaway

小暮さん曲?

ベースとギターが交互に鳴りつつのバスドラ4つ打ちではじまります。

途中からの、疾走感のあるドラムンベースのようなリズムが、かなりかっこよかった印象。

ここまでに聴いた収録曲はポップでしたが、この曲はロックな感じ。

サビが7+8みたいな、変拍子だったような気がする!!

 

初聴の感じでは、アルバムの中でもかなり好きな曲でした!

確か英語詞…だったはず…。

 

05. KIDS

Daniels e.p. 2からの1曲。

アルバム用にミックスし直してあるようです。正直パッと聴いた感じでは違いがわかりませんでした。

 

収録した理由は、ライブの定番にしていきたいからだそう。ライブで演奏した時の感触が非常によかったみたいです。

決して収録曲を増やすために入れたわけではない(by.荒井岳史)

 

もう何度も聴いた曲ですが、アルバムを通して聴いた時どのように感じるか楽しみです。

 

 

06. 雨上がりのミラージュ

荒井さんソロ曲のような、爽やかなイントロ&Aメロからはじまります。

歌ものかな?と思いきや、サビ辺りできっちりバンアパしてくれます。

 

サビの歌メロが印象的。レンジはさほど広くないのに、ずっと聴いていられるような、クセになるメロでした。(原さんもすごく気に入っているサビのようでした)

日本語詞。

 

07. She is my lazy friend

「80's」と呼ばれていた曲。

個人的には、テクニカルなMoonlight Stepperみたいな印象。

ポップな曲ですが、アウトロの川崎さんの速弾きがかなりかっこよく、緊迫感もあります。

英語詞。

 

08. BOOSTER

「コグレ」と呼ばれていた曲。

ドラムのリズムパターンが変態的。アウトロの展開も変な感じで面白いです。

英語詞。

 

09. Super High

爽やかポップ。川崎さんのギターフレーズが心地よかったです。

 

アウトロは川崎さんによる怒涛のギターソロ。ポップさから一転、えげつない緊迫感がありました。

ツインペダルがドコドコいいだした辺りで、あまりの緊迫感に思わず、会場の全員が吹き出してて面白かったです。

 

ギターソロは川崎さんがインプロで弾き、指揮は原さんがとったそう。

川崎さんが弾いている最中に、原さんが肩を叩き「ここは速く!ここからは遅く!もっと速く!!」と、2時間ほどぶっ続けでやっていたとか。撮り終わった後、鼻血が出るほどの地獄だったようです。

 

原さん曰く「ウキウキでピクニックに行ったら河口に落ちたみたいな曲」

曲の元ネタは川崎さん。英語詞…だったと思います…。

 

10. お祭りの日(LIC2.1)

タイトルからわかる通り、どこか和を感じる曲。

爽やかさがありつつも、少し哀愁があるような。そんな感じ。

 

サビのコード進行が「light in the city 2」のものとまったく同じだということに、後から気づき、 (LIC2.1)と付けたそうです。

元ネタは小暮さん。

日本語詞です。

 

11. 38月62日

アルバムの最後を飾るにふさわしい、エンディング感のある曲。

サビ?に出てくる一部のメロディが、今までに聴いたことのないような高音でした。

 

亡くなった原さん友人のメモリアル曲のようです。

38月は友人の名前ミヤ、62日はミヤさんのあだ名ロクニーから。

英語…日本語…は忘れてしまいました…

 

※2017/7/26追記

ミヤさんではなく、ミワさんの誤りでした。

記憶違いだったようです。大変申し訳ございません。

 

ミニライブ

試聴会から一旦休憩をはさみ、アコースティック編成のミニライブをしてくれました。

ミニライブ直前、メンバーが揃うまで川崎さんが頑張って場をつないでいたのが、何だか意外でした笑

曲目は以下の通り。(順番間違ってるかもしれません)

1.ZION TOWN

2.find a way

3.She is my lazy friend

 

リクエストコーナー

1.誰も知らないカーニバル

2.ノード

3.Flower Tone

4.stereo

5.Moonlight Stepper

ライブ中は、主に荒井さんの手元を見ていたのですが、新曲はどれも難しそうでした。

あれを弾きながら歌うって…改めて荒井さんのすごさを実感しました。

ていうか! メンバーとの距離がめちゃくちゃ近い!

あんなにはっきりと手元が見られることなんて、そうそうなさそうだ…最高でした…

 

「find a way」は、何度かライブで披露していることもあってか、演奏の完成度が一番高かったです。

 

新曲の披露が終わると、お客さんからのリクエストで何曲か演奏をしてくれました。

きちんとした演奏でないとはいえ「Flower Tone」が聴けたのは嬉しかった…!

「どんな曲だっけ…?」と言いながらも、なんだかんだそれっぽく演奏できてしまうのはさすがでした。

 

「stereo」の演奏中、荒井さんが何度も「あれ?こんなに(歌メロ)低かったっけ?低い!」と言っていましたが、それを聞くと、確かに最近の曲は歌メロが高い曲が多いような気がしますね。今回のアルバムは特にそうかもしれません。

 

最後は「Moonlight Stepper 2」ではなく、通常版をアコースティック編成で聴かせてくれました。2もいいですが、やっぱり原曲が最高ですね!

 

さいごに

もっと色々と詳しく書ければいいのですが、僕の記憶力ではこれが限界でした…すみません…。

 

ミニライブ後は、ガレージセールでTシャツを買えたり、一緒に写真を撮ってもらえたりと、幸せづくしでした。4人と一緒に写真に写れたのが本当に嬉しい…

またこんな機会があれば、全力で参加したいと思います!(抽選外れるかもだけど)

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!