じぇねりっく忍者

じぇねりっく忍者

心に忍んでいるものを綴ります

僕の職場のひとたち ~レジェンド・オブ・巨匠~

スポンサーリンク

f:id:generic_ninja:20161130234937j:plain

昨日の晩ごはん。

JKD!

Jambo Karaage Don!

ジャンから丼!

パッケージがアピールし狂っちゃってて、思わず手に取っちゃいました。

JKDってなんか、女子高大生みたいでお得感あるよね!

とかね、全然関係ない話題で入っちゃいましたが!

 

なにがいいたいかっていうと、職場っていろんな人たちがいるよねってこと!!

 

僕は大学卒業後、SEで本物の地獄をみて、今はリスティング広告なんぞを出し狂ってるんですが。

職場には、キャラの濃いゆかいな仲間たちが勢ぞろい!

その一部を紹介します!

 

エージェントA

たぶんみなさんの職場にも、同じような人がいるんじゃないでしょうか。

あの人は別居中だとか

実は外国人の彼氏と住んでるだとか

取締役は奥さんの尻に敷かれてて、休日は自転車数えてるとか

なぞに同僚の生態についてくわしい人!

うちの職場ではエージェントAと呼ばれています。

 

なんで!?なんでそんなにくわしいのよ!?

誰の情報でも聞けば必ず返ってくるし、その情報のみずみずしさね!アップデート超早いの。

こわくね?いや、こわくね!?

僕の情報とかどこまで知ってるのっていう。

あんなことやこんなことがバレてそうで、すんごいこわいんですけど!

 

通りがかりに、彼女のPC画面が見えたことがあるんですが、なぜか未解決事件や事故物件のことをめちゃくちゃ調べてた。

たぶんそろそろ、マジもんのエージェントになるんじゃないかなって思ってます。

 

Kさん

彼女はちゃんと一生懸命に生きてるのに、社内でよく幽霊と間違われてます。

黒髪色白で、背も高く、ロシア人みたいな顔をしています。

トイレで鉢合わせした人がけっこう悲鳴をあげてる。

 

エージェントAがトイレで幽霊(Kさん)をみて、悲鳴をあげながら腰をぬかし、それに驚いた幽霊(Kさんです)も腰をぬかすっていう。

で、そのあと二人見合ってガッハッハみたいな。

 

面白すぎるだろ!

サザエさんで1回はやってそうなクオリティだもの!

僕もそんなサザエ体験してみたい!

 

巨匠

彼ほどの文豪を、僕はほかに知らない。

SEO対策とかで、彼はいろんなジャンルのネット記事を日々作成してるわけです。

そんで、なんか知らんけど、僕はその記事の修正を任されてるんですが。

 

文章がすっごいの!不穏な空気が流れるの(僕の中で)

例えば

 

【各国の料理紹介!】みたいな記事の冒頭

今から17年前の1999年、セルビアの首都はNATO軍によって空爆されました。

そんな首都で食べられる料理がこちら!ミックスミート!

 

どんな導入!?

ミックスミートになんか闇を感じるんですけど?

 

【日本の料理紹介!】みたいな記事

みなさんになじみの深い「ビーフストロガノフ」。

実は、ビーフストロガノフは、ロシア料理だったんです!

 

いや、あんま食ったことないし!そうだね。って感じだし!

ってか!どの段階でビーフストロガノフを日本料理だと思ったんだ。

巨匠母「きょーちゃーん!ご飯よー!今日はあなたの好きなストロガノフ!」

巨匠「わーい!ムグムグ…やっぱコレだな!日本の味だな!」

みたいな?どういうこと?

 

あとさ!

実は、の部分の無邪気さがすごくないですか?

目が輝いちゃってるもん。ちっちゃい秋見つけちゃった幼子のソレだもん。

 

【ハネムーン行き先の決め方!】みたいな記事

結婚式が終わった後、もし心に思い浮かべるものが、

手に持っている冷たい飲み物と足につく砂であれば、砂があなたの名前を呼んでいます。

 

砂「じぇにーん!おーい!」

じぇにん「やあ砂!いっしょに砂利でも食うかい?」

みたいな?

な?

あ?

意味わかんなすぎて、褒めたいレベル。

独特な表現…ですよね!?僕アーティスティックなのとかわかんないんですけど!なんかこうグッと来ました!

 

みたいなね。

もちろん、上記の文たちはことごとく修正し、もう跡形もないですが。

 

そんで蒸し返しますけど、なんか知らんけど、これの修正を任されてるんですよね、僕。巨匠と部署も違うのに。

 

なんで?

 

そして、ポジションを絶対にポディションて書くのなんで?

Position ディの要素なくない!?

 

僕は結構小心者なもんで、このやばみを本人に直接指摘できず…。

上司を通して伝えてもらったんですが、その日からさらに悪化しました。

 

なんで?

 

さいごに

いやー、ほんといろんな人がいますよね。

時にはしんどい時もありますが、なんだかんだ楽しくやっています!

こうやってブログにも書けるしね!!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました! ドロン