じぇねりっく忍者

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じぇねりっく忍者

心に忍んでいるものを綴ります

距離を縮めるタイミングってむずかしい

スポンサーリンク

f:id:generic_ninja:20161223122217j:plain

やあ! じぇにんだよ!

ブログを始めた頃、記事を作っている時に、ふと思いました。

読者さんとの距離感が難しいな?

 

ブログ始める前は、

 

ねえねえ、みんな! これ見てこれこれ! ね!?
こんなの食べてきたんだ! すっごい美味そうじゃない!?
わーーーーーーーい! パーーーン(ハイタッチの音)

 

ぐらいのかるーい感じで書こうかなと思ってたんですけど。

いざ書きはじめたら、すっごい真面目になっちゃったっていう。

 

いきなりタメ口(ためぐち)とか、失礼じゃね?

いや、でも何かあまりにキチンとしすぎてても、読みづらいかもだし…

基本敬語にしておいて、ちょっとずつ崩してくか…?

みたいな感じで、何かと戦いながら、今も書いているわけです。

 

意識的にそうやって書くようにしたおかげか、最近少し慣れてきた! やっと!

冒頭の「やあ!じぇにんだよ!」みたいのも、前はけっこう緊張しながら、文字打ってました…w(←このwも)

ネットだし匿名だし、何を気にすることがあるんだという感じだけどね!

これからも、敬語基本に、ちょいちょい馴れ馴れしさも混ぜてやっていこうと思います。

アクセント的な! な!

 

読んで頂いてる皆さんと、少し距離近めでやっていきたいので!

こんな感じで! やっていくよ!

 

リアルでも距離感の縮め方がむずい

いやー、リアルの対人関係でも、タメ口になるまで、すごい時間かかっちゃうんですよね。謎に。

特に職場だと、後輩とか年下とか関係なく、初対面の人には、みんな敬語。

距離おきすぎかな? とか逆に失礼かな? とか思うんですけど、なんとなく敬語で話しちゃう。

で、仲が深まっても、敬語から切り替えるタイミングを見失って、そのまま一生敬語。

 

もういいかげんこの流れやめたいわー

ホントは僕だって、仲よさげに距離が縮まった感じで話したい!!

でも自分から距離おいちゃうんだよなああああ!?

なんでかなあああああああ!?

名前もさ? みんなあだ名とか、下の名前で読んでるのにさ?

僕だけ「名字+さん」「名字+くん」ですわ。

みんな、どのタイミングで親しい呼び方に切り替えるんだろ?

むずくねーーー?

 

敬語じゃあダメとか、「名字+さん」が悪いとか、そういうことではないんですけど!

なかなかそういうのに切り替えられない身としては、みんなが話してるの聞いて、憧れちゃうわけです。

その会話がウィットに富んでたりすると、よけいに憧れる。

いいよなー! 僕も富みてえよー!

 

「よう、ボブ! おまえに、いいニュースと悪いニュースがある」みたいな感じで話しかければいいのかな?

 

ボブがいねえわー

 

うむむ

リアルでも、ちょっとずつ距離縮められるように、何かしらの工夫をしてやっていきたいと思います。

まあ! なんとかなる!

 

といいなー

 

っていう、最近感じていることでしたー